HOME > ブログ

ブログ

小4 10歳 女性 一宮市 Mさん 視力0.4→1.2喜びの声をいただきました。

6月の学校の視力検査の結果が悪く、眼科へ通っていましたが当店アイトレーニング視快研一宮店に入会され視力回復のトレーニングを行いました。
20回近視コースに入会されましたが、10回を過ぎても片眼視力は0.15→0.2~0.3 両眼視力は0.4→0.5~0.6と視力は上りはしないけれど視力の低下はなんとか下げ止まりした程度でした。

その後アイトレーニングを続けて行いました。19回目に両眼視力1.0になり見事20回目のトレーニング前の視力チェックで1.2でした。片眼視力は0.9でした。

Mさんのお母さんは、両親共に近視なので子どもも近視になったのか心配してお見えでしたが近視は遺伝より生活環境によるものが多いと私は思っています。


アイトレーニング視快研一宮



放物線が描けない。

不同視の方の多く、視力の良い方の目で物を見るため、黒板の文字 テレビ ゲーム スマホなど平面的な物は認識出来ますが、両眼視ができないため視力の奥行きがありません。
両眼視ができないと、ドッヂボールが苦手 算数で図形が苦手 よく物にぶつかるなど日常生活は三次元なのでボールを放物線に描くイメージが必要になります。
このイメージする視機能が融像力といい、アイトレーニングで訓練することができます。



「様子を見ましょう。」の勘違い

学校の視力検査で視力が下がっているのが分かり眼科さんに受診される子どもも多いと思います。

受診された結果、医師の方から「様子見ましょう。」と言われた方も多くいらっしゃると思います。
その「様子を見ましょう。」の中身についてです。
①様子みている間に元の視力に戻る。
②様子みている間に視力が下がらず現状維持。
➂様子みている間に視力が下がりメガネの処方せん。

①と②の方は様子みてて良いですが、様子を見ている間に視力が下がるのは勘違いされている方が多く様子みている間に視力が上がり元の視力に戻ると思っているのです。


アイ・トレーニング視快研一宮




右眼も左眼も視力が2.0になりました。

6月の学校の視力検査でA B判定のため知り合いの紹介で入会。一宮市住在 小2 7歳 男性

週1回の視力回復の訓練を行こなっています。トレーニング時間は30分。
右眼A判定の視力1.2 左眼B判定の視力0.9 視力の差0.3のため不同視コースに入会。
18(土)視力チェック行いました。 お見事、1か月で右眼も左眼も視力2.0。
右眼も左眼も同じ視力になりました。



視力回復は、早めに見つけて早めにトレーニングをするのが一番の近道です。
A A判定からA B判定とかB B判定になった時がアイトレーニングがとても効果的です。


アイ・トレーニング視快研 一宮





喜びの声をいただきました。

7/4(土)お昼ごろ来店の生徒のお母さんより喜びの声をいただきました。

内容は、子どもが遠視のため眼科さんに通っていました。それと、併用してアイトレーニングを行って来ました。
トレーニングをしていくと、矯正視力が1.0まで見えるようになり眼科さんにおいても「ようやくスタートラインに立てましたね。」と言われアイトレーニングを続けて行いました。
すると、今回
「裸眼視力1.0になりました。」と喜びの声を頂きました。

子どもの遠視は、眼の成長不足が原因でアイトレーニングはとても効果が大きいと思います。


アイトレーニング視快研一宮








6月は学校で視力検査を行なわれました。

3か月間自粛生活が続いた後、今月6月に学校で視力検査が行われました。
生徒のお母さんと話をしていると、自粛中当店アイトレーニング視快研一宮の視力回復トレーニングの教室には以前と比べて通う頻度は少なくなっていましたが、自宅での視力回復の機器を購入されていた方のほとんどは視力が下がっていないというデータが出ました。

当校では、眼の治療器【ソニマック】視力回復機器【アイトレーナー】の正規販売店です。
会員さん以外にも視力回復機器の販売は行っています。
どちらが、お子さんに合うのか使い方についてもご説明させていただきます。


アイトレーニング視快研一宮



中日新聞に子どもの近視について掲載されました。

6/12(金)朝刊

新型コロナウイルスの影響で休校が続いた3カ月間、自宅で長時間にわたり、スマーフォンやゲーム機を見ていた子どもも多いだろう。早くから近視が進むと、将来的に強度近視や失明の危険がある病気になるリスクも高まる。


「近視は治らない。しかし、進行を防ぐためにできることはある。」




アイ・トレーニング視快研一宮


小学校で視力検査が行われ始めました。

愛知県・岐阜県・三重県各小学校では、視力検査が行われ始めました。

3月より、新型コロナウイルスの感染予防のために学校が三か月間休校になり子どもの視力が心配なご父兄の方も多いと思います。
テレビ・YouTube・ゲームなど近視になる環境の中で視力を維持することも大変重要なポイントになります。
残念ながら、日本においては子どもの近視はメガネを掛けて矯正するのが一般ですが、経済国世界NO.1の先進国アメリカでは視力回復も先進国で50年以上前から小学生の子どもが視力が下がり始めたらトレーニングにより元の視力に戻す訓練はFDA(日本で言うと厚生省)の認可で保険が適用され視力回復の訓練を行っています。



アイ・トレーニング視快研一宮




眼科医に「メガネ必要ありません。」と言われました。

今回は、いつもと違った喜びの声をいただきました。

Uくん 小5 男性 稲沢市 趣味サッカーと釣り 

Uくんのお母さんの喜びの声です。

小学5年生になると、黒板の文字が小さくなり見にくいと思いメガネを買うために眼科さんにてメガネの処方箋をもらうため来院されたそうです。メガネを作るには、当然現在の裸眼視力 メガネを掛けた矯正後の視力を測定する必要があります。なんと、現在の裸眼視力が片眼1.0なので「メガネの必要ありません。」と眼科医に言われて帰ってきたそうです。

確か、アイトレーニング視快研一宮に入った時は片眼0.6でした。このコロナで学校が休みの間課題をする合間に 自転車でサイクリングをしたり、公園で遊んだり、釣りをしたりして目の疲れが軽減出来たと思います。目の疲れがある子は視力は下がることはあっても上がることはありません。


アイトレーニング視快研一宮 






なんと両眼視力0.04⇒0.7まで視力回復

Rさん 小5 11歳 女性 一宮市
令和2年に入会されました。1か月週3ペースでアイトレーニング開始。
視力のチェックリストにて日常生活の改善→目の疲れを取り除く訓練→眼球運動→視野拡大→奥行きの訓練→近くと遠くの切り替え→輻輳開散運動→ビデオをメガネから裸眼に変更。


お見事視力0.7に視力アップ。一緒に同伴していた保護者の方も「すげえなー。」
生徒Rさんは、バスケをやっているので、アイトレーニングの後半はバスケットボール、ピンポン、皿回し、魚釣りの机に向かって行うアイトレーニングではなく体を動かしてしかも目を動かす訓練を行っています。


0.1も見えなかった視力0.04→0.7まで上がりRさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
0.1見えなかった小学生の子どもも日常生活眼に悪かったことを改め、目の訓練を正しい順番で行えば視力が上がる事を教えてくれました。


アイトレーニング視快研   一宮



12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ