• 無料体験の流れ
  • こどもの視力回復
  • おとなの視力回復
  • お客様の声
  • Q&A

アイ・トレーニング視快研一宮

電話番号 0586-47-5388
住所 一宮市昭和 2-1-2
営業時間 月・火・水・金 15:00~20:00
土 10:00~19:00
定休日 木曜・日曜・祝日
駐車場 一宮市昭和1-6-1
中駒一宮昭和A駐車場
路面表示番号【10】【11】【12】【13】【14】
お客様専用駐車場のご案内(地図)ページを表示

HOME > ブログ

ブログ

寝る前に点眼する近視用の目薬って大丈夫?

病院で近視の治療を受けている場合、寝る前に点眼する散瞳薬(さんどうやく)を使用しているケースが多くあります。

「この目薬を子どもに点眼すると、すごく眼にしみて刺激があり子どもが嫌がるが、大丈夫か。」
「インターネットで見たら、この類の目薬に対して良いことは書いていないけど心配だ。」
など、不安視する声を良く耳にします。


まず、この目薬は、一時的ではあるが眼の筋肉の緊張を和らげます。

しかし、多くのお医者さんは散瞳薬に頼りすぎるとめピントを会わす筋肉(毛様体筋)を自分自身で弛緩する機能が低下すると考えているらしく、ほとんどは、散瞳薬の使用を一カ月、長くてもせいぜい三カ月までで、それ以降は使わせないと聞いています。



アイ・トレーニング視快研  一宮














学校で視力検査のお知らせをもらい、眼科に通い夜寝る前に目薬を指して

学校で視力検査のお知らせをもらい、眼科に通い夜寝る前に目薬を指しているお子さんも多いと思います。

夜寝る前に指す目薬は、毛様体筋の筋肉を弛緩させる効果なので仮性近視の方に効果的です。一般的には、2週間で視力が元の視力に戻れば仮性近視なので視力は回復します。回復しない場合でも、個人差がありますので1カ月目薬のミドリンを指し続ける場合も多いです。1カ月指しても元の視力に戻らない場合は仮性近視ではないので近視になりますので目薬の効果は難しいです。

弛緩剤は、筋肉の動きを弱める医薬品なので近視の方、遠視の方、不同視の方の目薬の効果が難しい反面一時的に調節痙攣した仮性近視には有効的と思います。


アイトレーニングでは、眼科で目薬を指して効果がなく様子をみている間に視力が0.3に低下して【もう、そろそろメガネだね。】という方が多いです。多くの方は、元の視力に回復しないものの日常生活困らない程度の視力回復がほとんどです。



アイ・トレーニング視快研   一宮






A判定になりました。

昨日は、嬉しい事が2つありました。

まず一つ目は、就学時健診で視力が悪いのが分かり現在小学1年生の男の子のお母さんから、
「学校の視力検査A判定になりました。」
「眼科の視力検査も1.0と1.2になりました。」
と連絡をいただきました。


次に、免許証更新コースで入会の20歳代女性
「無事、合格しました。ありがとうございました。」
と連絡いただきました。
入会当時は、片眼0.2だった視力も卒業時は0.8になり眼鏡等の条件なしで更新出来ました。

2つ共、目標が達成できたのは本人の努力の賜物です。
私は、眼の特性を分析してアドバイスをしただけなので本当に良かったです。


アイトレーニング視快研   一宮




春休み、あつ森のまめきちと遊ぶのもほどほどに。

春休みが始まり、コロナ禍外出を控える今日この頃です

そこで、昨年から人気がでたゲームと言えばあつ森です。ゲームはやっているとつい夢中になりますが、部屋の明るさ 姿勢 目と画面の距離 時間の長さ など注意事項がいっぱい。

アイトレーニングに通っている子なら分かっていると思いますが、ゲームをした後決して何もしまいでボッーとして休憩したり、マンガの本や宿題などをしないでストレッチを行い緊張している筋肉をほぐしましょう。

また、稼ぎもないのに無理な増築やリフォームを行いローンを組むことも控えて下さいね。収入に合わせたローンを組むことを覚えることも大切ですね。


アイトレーニング視快研一宮




片目だけ視力が悪く野球でヒットが・・・

元々、右眼も左眼も正しい視力があったにもかかわらず片目だけ視力が1.0→0.3に悪くなった子どもも多いです。

本人は、良い方の目でテレビ・ゲーム・黒板の文字を見たりするのは平面的な物を見るため問題はありません。しかし、野球でバットを持ってヒットを打つのは至難の業です。なぜならば、動いているボールを目で追えないからです。

昨日、アイトレーニングに来店時小4男子「先生、昨日ヒット打ってよ。」と嬉しい声でお母さん共々に連絡を受けました。アイトレーニングに入会された目的は視力を上げて野球でレギュラーになりたい。ですから、これから、野球の試合でヒットを増産すればレギュラーになれるでしょう。
頭は動かさないで、目だけボールと同じスピードで動かしてお尻を使う事ですよ。


アイトレーニング視快研一宮




12月に入り喜びの声2件いただきました。

12月に入り喜びの声2件いただきました。

◆Tさん 近視 小4 一宮市 お母さんより喜びの声いただきました。
11月の学校の視力検査でワンランクアップのB判定です。
アイトレーニングでは、目の疲れを取り除く10秒 奥行きをつくる3本のハリガネ 遠近の切り替えの赤い串 視野拡大の右手左手の2個のボール 目の外の筋肉をほぐす赤いボールとケロちゃん出来るようになり、日常生活も鉛筆だったり瞬きだったり近くを見る距離だったり気を付けています。
Tさんの欠点は、ハートが弱いビビり子さんなのです。そう、緊張するタイプなので練習の半分も本番では結果がでないのです。しかし、今回の視力検査は当日発表なのでビビる暇なくB判定です。
Tさんにアドバイス。練習は本番のつもりで行い本番は練習のつもりで行えば視力検査だけでなく、スポーツや発表会もスムーズに行きます。本番を本番で行うと緊張して頭の中が真っ白になりますよ。


◆Uくん 遠視 年中 一宮市 お母さんより喜びの声いただきました。
遠視のため、眼科に1年通院しましたが、良くならずアイトレーニングに入会されました。半年の間に0.5だった視力も1.0まで上がり喜びの声いただきました。
アイトレーニングでは、トレーニングされるお子さんは園児のため、あれもこれもは出来ないので自宅でのトレーニングは1つ。来店時には、2つの訓練を行いました。一つ目はバスケットボールのトレーニング。距離 方向 山なり出来る様になりました。二つ目はビデオによる瞬間遠近訓練これも15分見れる様になりました。
後は、自宅トレーニングのグルグルがスムーズに円滑に出来る様になるのが次のステップアップの鍵となるのは言うまでもありません。


アイトレーニング視快研一宮


小4 10歳 女性 一宮市 Mさん 視力0.4→1.2喜びの声をいただきました。

6月の学校の視力検査の結果が悪く、眼科へ通っていましたが当店アイトレーニング視快研一宮店に入会され視力回復のトレーニングを行いました。
20回近視コースに入会されましたが、10回を過ぎても片眼視力は0.15→0.2~0.3 両眼視力は0.4→0.5~0.6と視力は上りはしないけれど視力の低下はなんとか下げ止まりした程度でした。

その後アイトレーニングを続けて行いました。19回目に両眼視力1.0になり見事20回目のトレーニング前の視力チェックで1.2でした。片眼視力は0.9でした。

Mさんのお母さんは、両親共に近視なので子どもも近視になったのか心配してお見えでしたが近視は遺伝より生活環境によるものが多いと私は思っています。


アイトレーニング視快研一宮



放物線が描けない。

不同視の方の多く、視力の良い方の目で物を見るため、黒板の文字 テレビ ゲーム スマホなど平面的な物は認識出来ますが、両眼視ができないため視力の奥行きがありません。
両眼視ができないと、ドッヂボールが苦手 算数で図形が苦手 よく物にぶつかるなど日常生活は三次元なのでボールを放物線に描くイメージが必要になります。
このイメージする視機能が融像力といい、アイトレーニングで訓練することができます。



「様子を見ましょう。」の勘違い

学校の視力検査で視力が下がっているのが分かり眼科さんに受診される子どもも多いと思います。

受診された結果、医師の方から「様子見ましょう。」と言われた方も多くいらっしゃると思います。
その「様子を見ましょう。」の中身についてです。
①様子みている間に元の視力に戻る。
②様子みている間に視力が下がらず現状維持。
➂様子みている間に視力が下がりメガネの処方せん。

①と②の方は様子みてて良いですが、様子を見ている間に視力が下がるのは勘違いされている方が多く様子みている間に視力が上がり元の視力に戻ると思っているのです。


アイ・トレーニング視快研一宮




右眼も左眼も視力が2.0になりました。

6月の学校の視力検査でA B判定のため知り合いの紹介で入会。一宮市住在 小2 7歳 男性

週1回の視力回復の訓練を行こなっています。トレーニング時間は30分。
右眼A判定の視力1.2 左眼B判定の視力0.9 視力の差0.3のため不同視コースに入会。
18(土)視力チェック行いました。 お見事、1か月で右眼も左眼も視力2.0。
右眼も左眼も同じ視力になりました。



視力回復は、早めに見つけて早めにトレーニングをするのが一番の近道です。
A A判定からA B判定とかB B判定になった時がアイトレーニングがとても効果的です。


アイ・トレーニング視快研 一宮





12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ