HOME > ブログ > 近視の常識が変わる!世界で加速近視対策

ブログ

< 未就学児からアイトレーニングは出来ます。  |  一覧へ戻る  |  NHKのテレビ番組「近視の常識が変わる」を見てPART1 >

近視の常識が変わる!世界で加速近視対策

NHKのクローズアップ現代+ 2019年11月7日(木)放送近視の常識が変わる!
増える子どもの ”強度近視”リスクは?
子どものうつに強度の近視に至り、深刻な病気のリスクにさらされるケースです。
眼球がのびて、目の後ろの組織が傷つくと、緑内障や網膜剥離など、失明につながる病気を発症しやすくなるのです。
専門家は、失明につながる病気のリスクにさらされる子どもが増えていることに危機感を募らせています。
強度近視の子ども(片眼視力0.1未満)眼視力の訓練をアイトレーニング視快研一宮では行っています。


世界で加速近視対策 日本は?
国をあげて近視対策をしていないのは、韓国と日本。
シンガポールでは、近視予防プログラムでゲーム時間を減らす。中国でも、国で目標数値を掲げています。スマートフォンやパソコンのを1日1時間までにしたり、宿題の量を管理をする。

では、日本ではどうなっているのでしょうか。所官する文部科学省に聞きました。
現時点においては、私どもとして、視力低下に対する有効な対策、各家庭、学校で出来ることについて、明確な答えを持っていないのが状況で、(今年度から)勉強、読書、ゲームの時間、相関関係を見て、どういう対策が有効なのかついての調査を行っています。この結果を得て、来年度には対策を決めて、各家庭、学校に周知していきたい。


アメリカでは目の病気は医療眼科、近視・乱視・遠視の子どもは視力眼科ど訓練をして今以上に視力が悪くならない様に、元の視力に戻る事の出来る様に目の訓練がFDA(日本の厚生省)保険が効いて出来ます。


アイトレーニング視快研 一宮



< 未就学児からアイトレーニングは出来ます。  |  一覧へ戻る  |  NHKのテレビ番組「近視の常識が変わる」を見てPART1 >

このページのトップへ