• 無料体験の流れ
  • こどもの視力回復
  • おとなの視力回復
  • お客様の声
  • Q&A

アイ・トレーニング視快研一宮

電話番号 0586-47-5388
住所 一宮市昭和 2-1-2
営業時間 月・火・水・金 15:00~20:00
土 10:00~18:00
定休日 木曜・日曜・祝日
駐車場 一宮市昭和1-6-1
中駒一宮昭和A駐車場
路面表示番号【10】【11】【12】【13】【14】
お客様専用駐車場のご案内(地図)ページを表示

HOME > ブログ > 就学時検診で視力が悪いのが分かり続き

ブログ

< 就学時検診で視力が悪いのが分かり  |  一覧へ戻る  |  斜位・不同視の子どもが増えてきました。 >

就学時検診で視力が悪いのが分かり続き

就学時検診で視力が悪いのが分かりの続きです。

就学時検診で視力が片眼視力1.0以上の子どもが90%以上でそれ以下の子どもはごくわずかです。
その時期は、視力を作る段階なのか、視力が上がらないのでメガネを掛けるタイミングなのか難しい分岐点です。

例えば、YouTubeとかタブレッドを見ながら育ってきた子どもの多くは、ほとんど眼の疲れによる視力低下です。
目の疲れを取り除くトレーニングは、2つあり1つはまばたきです。
眼には、涙を作る工場がありまばたきをすることにより眼に潤いが出てきます。人工的に、目薬を差して眼を潤わせるのは最終手段と考えます。
唾液でも、顎を動かすほど唾液がでるように、眼の潤いもまばたきをするほど潤ってきます。
では、何故?まばたきをしなくなるのか?それは、近視になると、眼が乾いているのが脳が反応しなるからです。熱中症と同じですね。


眼が乾いているドライアイの方は、意識的にまばたきをすることも必要です。



アイ・トレーニング視快研一宮




< 就学時検診で視力が悪いのが分かり  |  一覧へ戻る  |  斜位・不同視の子どもが増えてきました。 >

このページのトップへ