• 無料体験の流れ
  • こどもの視力回復
  • おとなの視力回復
  • お客様の声
  • Q&A

アイ・トレーニング視快研一宮

電話番号 0586-47-5388
住所 一宮市昭和 2-1-2
営業時間 月・火・水・金 15:00~20:00
土 10:00~18:00
定休日 木曜・日曜・祝日
駐車場 一宮市昭和1-6-1
中駒一宮昭和A駐車場
路面表示番号【10】【11】【12】【13】【14】
お客様専用駐車場のご案内(地図)ページを表示

HOME > ブログ > 看護師の方とメガネのお話

ブログ

< はっちゃんの入会から現在まで  視力回復編  |  一覧へ戻る  |  学校で視力検査があり良く見えました。 >

看護師の方とメガネのお話

看護師の方、当校の生徒のお母さんの職業。学生の生徒は、知り合いの紹介で入会して視力0.2→1.0って感じです。

そもそも、お子さんの視力が下がり0.2になったら普通メガネを掛けさせるでしょ。しかし、アイトレーニングで視力を上げる事を選択されたには、知り合いのお子さんがアイトレーニングで視力が上がった事と、お母さん本人が学生の時、メガネを掛け始めてどんどん視力が下がり0.5→0.1になった体験から来るものでした。

学校の視力の視力検査で視力が悪いのが分かり、眼科で夜寝る前に目薬を指して様子を見ても視力は良くならず、メガネを掛け始めると毎年のようにレンズを変えなくてはならなくなり、結局は視力0.1以下の強度近視になっちゃったみたいです。

お母さんくらいの年代で、軽い近視の時メガネか作ったけれど何らかの事情でメガネを常用しなかった人は、今でも視力0.8前後の方も少なくありません。看護師のお母さんは真面目な方で、眼科の先生が「メガネを掛けたら取り外ししないで下さい。視力は下がりませんから。」そのまましてしまったので、メガネを掛け始めて視力が下がった実体験をされていますのでお子さんには視力が下がる二の舞はさせたくないでしょうね。




でも、黒板の文字が見えづらくなった時、メガネは見る為に友好的な道具です。そのメガネも作り方、使い方、目のお手入れが必要なわけで目を細めて見ているよりはメガネを掛けた方が良くとメガネとは仲良く使い、出来るだけ下げないように使いたいです。



アイ・トレーニング視快研一宮



< はっちゃんの入会から現在まで  視力回復編  |  一覧へ戻る  |  学校で視力検査があり良く見えました。 >

このページのトップへ